戦国武将マグカップ           織田 信長
59eeaa85f22a5b639a0006f0 59eeaa85f22a5b639a0006f0

戦国武将マグカップ           織田 信長

¥1,080 税込

送料についてはこちら

戦国武将マグカップ☆ 織田 信長 『人間50年 下天のうちをくらぶれば   夢幻のごとくなり 一度生を受け   滅せぬもののあるべきか』 家紋『五つ木瓜』もデザイン☆  プレゼントにも最適です☆      ■商品ID   HL-001 ■材質    陶器 ■サイズ   8φ×高さ96㎜ ■重量    約380g       (消費税込/配送料別:割れ物) ※割れ物につき細心の注意を払って梱包・発送致しますが 万が一破損していた場合は、申し訳ございませんが ご連絡お願いします。 【五つ木瓜(織田木瓜)」いつつもっこう】家紋 この家紋が織田一族の正式な家紋です。 現在に受け継がれた信長の甲冑、秀吉に渡した 陣羽織にはこの「五つ木瓜」の家紋が付いています。 織田信長にとって「五つ木瓜」は父信秀から続く家紋 です。由緒ある家紋として 丁重に扱われてきました。 この家紋、元々は尾張守護の斯波氏より拝領したもの だそうです。 【人間50年 下天のうちをくらぶれば 夢幻のごとくなり  一度生を受け 滅せぬもののあるべきか】 「人間の一生は所詮50年にすきない。天上世界の時間の  流れに比べたらはかない夢や幻のようなものであり、  命あるものはすべて滅びてしまうものだ」 「人間五十年」は「にんげん」でなく「じんかん」と読み 「寿命が50年」という意味ではなく「人の世が50年」 という意味です。 「人間五十年、下天の内をくらぶれば夢幻の如くなり」は 「人の世の50年の歳月は、下天の一日にしかあたらない」 という意味になるのではないでしょうか? これは、織田信長の直接的な辞世の句ではありません (本能寺の変により横死)「敦盛」の一節が、 辞世の句として言い伝えれているようです ※掲載内容は一つの説にすぎません。本、ネット等から 得た情報を元に書いていますのでご了承願います。

その他のアイテム